別れをフォローしてくれた人との恋愛で大切なこと

なれそめを聞くと、「私が元彼と別れたばっかりで、その愚痴を聞いてくれたのが今の彼氏」というパターンはありがちです。

でも、どうしてこんなにもご都合主義の出会いがあり得るのでしょうか。
これには歴とした理由が存在します。
女性には誰でも少なからず、ヒロインになりたい願望があります。
そして、こういう要素を多分に持ち合わせている女性が男性に話を聞いてもらうときに無意識にしていることは、「私が至らないばっかりに」というニュアンスで話しをするということ。
そうすると多くの男性が、「自分は傷ついているのに、相手の悪口を言わないなんて」と同情に加えて、相手のことを見直すという心理が働きます。
反対にお付き合いに発展しない女性の場合、「まったく、ロクな男じゃなかった」と言い放ち、笑い飛ばすことで活力を取り戻すことだけを意識しているので、話しを聞いている男性も心に寄り添うことなく「まあ、次があるさ」で終了。
もしも別れの後に如何なるチャンスも無駄にできないと思うのならば、別れた相手のことを絶対に悪くいってはなりません。
彼女が欲しい人が実践すべき5つの行動